”メルカリ”で気づく、リアクションを欲しがるわたし

昨晩、衝動のままに関心があった「メルカリ」にチャレンジしてみた。”メルカリ”とは誰でも簡単にルーティンワークができて、安らぎ・安全なトレードができるフリマアプリ…というものだ。自分の好きなユーチューバーが出品していて、30取り分ぐらいで買主がついていた。反作用の速さがユーモアと思い、買ったものの実質履く内の乏しい靴を出品してみた。すると1取り分もしないうちに反作用があった。一年中たっていないが、現在続行比較が8輩。反作用があるとありがたい。気づくと肝要のブレイクタイムは、アプリケーションを開いて何かしらの反作用がないか確かめている。その時なんとなく思う。ツイッターの時代に生きているこちらは、しょっちゅう自分がどうして思われているが、無キモチを装いながら気にしている。ツイッターで繋がる見知らぬ人からの反作用は、現実の世界で認識出来難くなっている、受け入れられているラッキーがある。そこを賢く付いた可愛く出来た形態だな…と感服しながら、今日も誰かの反作用が欲しくて、せっせとアプリケーションを開く。ニキビ跡を消す方法があります